忍者ブログ
. 右肩上がりです。
+最新コメント
[11/13 NEX-5]
[04/27 ケースケ]
[04/26 死神TOMMY]
[04/25 イトー]
[04/22 死神TOMMY]
+最新トラックバック
+プロフィール
HN:
いとう
性別:
男性
自己紹介:
すてきエンジニヤ(25♂)

好き:酒と女とバイクとロック
   あとジョージアの長いやつ

嫌い:もぐりの人。あと若者。


メールはお気軽に下記まで。
itooo_engineering@yahoo.co.jp


 
+ブログ内検索
+カウンター
+カウンター
+アクセス解析
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイクに乗りたくて仕方が無い。


雪が消えてからの事を毎日、毎日考えている。
そりゃもうアホみたいに。


何を着て乗ろうか? どこへ行こうか? なにか壊れているところはあったかな?
(俺の言う「壊れる」は走行不能と言う意味だから!カウルが無くても気にしてないって!ホント。) 
あいつの腕は上がったかな?あいつの腰は治ったかな? 
毎日、毎日仕事も手に付かず上の空。


 会議だろうが昼飯だろうが、頭の中でロックンロールが流れ出し、左手でありもしないクラッチを握ってはオートバイのことを考えているわけだ。

 バイクとロックってのはなぜだか妙に親和性があるわけで。
 
 カフェレーサーって言ったらロッカーズだろ?
 ハーレーって言ったらBORN TO BE WILDだろ?

 
 車はともかくバイクはユーロビートじゃダメだろう?(私的意見)
 
 
 
 
・・・・・・・というわけで脈絡もなくバイクのことを歌ったロックソングを手持ちの音源から抽出し脈絡もなく紹介。


・ミッシェル ガンエレファント -「GT400」
  黒い400ccに乗ってる奴はとりあえず聴いとけ。勝手にテーマソングにしとけ。
 あんまりミッシェル節は効いていないので楽に聴けるね。

・Blankey Jet City  - 「ガソリンの揺れ方」
  なんかね、バイクしてるね。 泣けてくるね。イメージ車種はXS250「サリンジャー号」でしょやっぱり。

・Blankey Jet City  - 「PUNKY BAD HIP」
 旅にでたくなるね。フロントフォークが一番長いジムのCBってのはどんくらい長いんだろうね。


・ギターウルフ -「環七フィーバー」
 カワサキ乗りは必聴。 ちょっとこれはアクセル緩められないね。 Z1がジャケットなのでZ1が環七でフィーバーしたんでしょう。 なぜかギターウルフは海外で好評価。 ロックに国境は無いね。


・ZEKE - 「GOD OF GSXR」
 アメリカのハードコアバンド「ジーク」だね。 なぜにGSX-Rなのかは歌詞カードが無いため不明だ。
 とにかく一緒にGOD OF G!S!X!R! と連呼しておこう。 年式は98年式な。キャブレターなめんなよって。
  ちなみに3年くらい前にも当ブログで紹介済みのキラーチューンだ。


・ZEKE  -「Flat track」
 またジーク。ダートラの歌ね。 左回り系競技って1回やってみたいよな。 
 16、7のときはFTRの250に憧れたもんです。 四角いライトはいやだけどね。

・ZEKE -「Viva Agostini」
まーたジークかよ。 ほんとバイク好きな。「アゴスティーニ万歳」と延々歌っているフリーキーな1曲。
よく知らないんだけどアゴスティーニってのはローソンとかより前のGPライダーだそうで。
曲と時代が合ってねーんだよな・・・。


・クロマニヨンズ -「オートバイと革ジャンパーとカレー」
 中古のオートバイでもいいよね。 ヘルメットの中で口ずさむのに丁度いい感じ。
  でもごめんなさいCD持ってません。 スペシャでPV見ただけです。



さて、週末はバイクに乗るとするか。
「アンパンマンのマーチ」を口ずさみながら。

CASANOVA SAID”LIVE OR DIE”―ミッシェル・ガン・エレファント ライヴ・イン・トーキョー

CASANOVA SAID”LIVE OR DIE”―ミッシェル・ガン・エレファント ライヴ・イン・トーキョー
  • アーチスト: Thee michelle gun elephant















PR


週末は山形県は「山寺」にツーリング行ってきましたよ。

千余段の石段を一歩一歩登るたび、煩悩が消えてゆくそうです。

上り始めから美人二人組(他人)の後につき「ラッキー」という具合でした。

煩悩全開です。

煩悩め!消えろー!

ということで頂上までがんばりました。
結構疲れた。

けどもその甲斐あって晴天にも恵まれ絶景絶景。 
お寺の装飾が象だったり、大正天皇が植えた木なぞあったりしてステキ空間。
来て良かった。

・・・と思ったが展望台に馬鹿の書いた落書きが大量にあって半ギレ。煩悩復活。

頂上を後にしてチョッと降り始めれば「食欲」という煩悩も復活。

きっと後半に石段一段飛ばしで走ったのが良くなかったんだ。

昼飯にうまい蕎麦食べて帰路へ。
おなかいっぱいだし、寒いし、疲れたしでチョッとバイクに乗るのがだるかった。


帰り道は先導のU太が気を利かせてゆっくり走ってくれた。
なんでかって、この日で愛車とお別れだから。

6年間4万キロ、たいした数字じゃないけれど、いいバイクだった。
思い出に満ちている。
GPZ900R。最高のバイクだった。二十歳でローン組んで買ったんだ。
バイトで貯めた20万をぶっこんでさ。

時は過ぎ、季節は移り変わる。
かっこよかったコルビンのシートは6年でボロボロ。
外装はキズだらけ。 フレームにもガタが来てた。
製造から20年。よくがんばってくれたと思う。

色即是空。空即是色。 必ずいつかは終わりが来る。

しかし俺自身にはバイクを降りる理由が無い。



そんなわけで新しいバイクになりました。

同じ900ccです。当然カワサキです。

GPZに比べたら驚くほど軽快なハンドリングと
ロングホイールベースが生み出す絶妙な乗り味。
圧倒的軽さ。なのにパワーは馬100匹。
200km/hメーターがついてるけど、そんなもん振り切りまくり

ブレーキは最新のペータルディスク。
触媒入りカーボンサイレンサーはもちろんカチ上げ。内外装も贅沢にカーボン。
足回りは無段階車高調のエアーサスペンション。

スリムな車体に精悍なマスク。まさにストリートファイター。

今俺が世界に問おう。この異形のマシーンを。

その名も

・・・・・・・・ZX・・・


・・・・・・・・・・・・9・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・00A・・・・



  


そう、NINTHUS900R※!!(にんざす!)
※注:ジャパニーズ忍者とギリシャ神話のアキレスの愛馬ザンザスから。俺ってインテリ。

まじ速い。



ごめんなさい。 

GPZのカウルとめてたフレームの出っ張りが折れちゃってオフ車のカウル着けました。

山寺行く途中にぶっ壊れました。プランプラン。
たぶん有り余る煩悩のせいです。
またいつかちゃんとしたGPZに乗れるといいな。
うまい溶接工さがさないとな・・・。


制限速度50km/hの休日の混んだ幹線道路で、ランエボに抜かれた。

蜘蛛のような動きで車列を縫って離れていくランエボと、その真後ろ5mにびったりのVFR

路面の継ぎ目でジャンプしながらも、どんどん離れていく彼の背中と

「140・・・145・・・・140・・・130・・・」と表示されたデジタルメーターを見比べる

夕日は沈みかけていた。影は黒くなかった。

そんな夢をみた

・・・・・ら、おもいっきり風邪ひいた。
土、日、月と3連休。いまさら有給消化中。

黄砂混じりの雨で、艶がなくなっちまったバイクをピカピカにして
川沿いに春を見つけに行こう!! と、爽やかな予定を立てていたが

雪。 雪か・・・。雪だな。

しょうがないので駆動系の磨きに尽力なさってみた。
チェーンはエンジンオイルを浸けた歯ブラシで磨くのが自分流なのだが、
寒すぎて5w-30のオイルもカッチカチ。しょうがないので、WD40を混ぜるといい感じに。
浸透潤滑剤は数あれどWD40を愛用している。いい匂いがするんだよ。

SHOGUNの「男達のメロディ」を口ずさみながら、
油にまみれて土曜は終了。


--------------------------

日曜は、某老舗バーの記念式典にツテでもぐりこむ予定だったのだが、雪で中止。
有名人と飲める機会だったのだが残念だ。月曜有給取った主な理由でもある。

しょうがないので
ハーレーダビッドソンに乗ると、玉こんにゃくがタダで食えるイベントがあったので参加してきた。

現行のハーレーに乗りつくした気がする俺だが、
XR1200Rだけは触っていないのでちょろっと転がしてきた。
やっぱりハーレーはハーレーだった。

他に今年出てばかりのCB1100にも乗った。
マジで良かった。いい意味でゲームのような応答性。ケイヒンいい仕事してるな。
カウルつけてCB1100Rとして発売したら女房質に入れちゃうかも。いないけど。


その夜はなぜか、「一生消えないボディペインティング」をしたオジサンたちの飲み会に誘われ
タダ酒をガブガブやった。A3ぐらいの和風ペイントでも下書き線キレーにやるのな。 

バイク好きという理由だけで、まったく意味不明の空間で初対面のオジサンたちと酒を飲む。
詳しくは聞くな。人生何があるかわからんよね。
正直楽しかった。

先人の言葉にも「トラブルと遊べ」とある。 まったくその通りだ。

立てなくなったオジサンが発生したところでお開きになりようやく帰宅。

飲みみなおそうと思い
ツタヤ100円だったので「アイアムレジェンド」借りてきて
鑑賞しながらモツ煮でハイボール。いい気分。
・・・・だったが、携帯みてたら
「日曜洋画劇場アイアムレジェンド実況スレ」 なるものを発見。

止めろよツタヤ店員。

------------------------------

月曜は寝てた。 ひどい有給だ。
明日は仕事だが、なにするんだったか忘れちゃった。
アルコールに溶けちゃった。

もう寝よう。






my ヘルメット SHOEI ワイバーン2

形がとてもステキだ。 無骨で小僧臭さが無いところが気に入っている。 

シールド幅が狭くてカッコイイんだ。それほど視界も悪くない。
ジムコマンドよりジムカスタムのほうが絶対カッコイイ。

シールドがつりあがった印象もイイ。
ネモよりジェガンの方がクール。

ベンチレーションがいまいちだったり、風切り音がデカかったり、
口元のスリットから口笛が聞こえたりするけど俺はこのメットが好きだ。

気に入らないのはクリアシールド。ただ一点。 
若干かっこ悪いし、夏場の直射日光や、角度の低い夕日に目がくらむ。
紫外線に関しては透明ポリカーボネートでもかなり減衰する。
夏ウゼーのはむしろ赤外線。 あれは反射、吸収させづらい。 むしむししちゃう。

そこでスモークシールドやミラーにするわけだが、
これらは、なぜかクリアの1000~4000円増し。 結構高い。買い足すのだるい。

SHOEI:CF-6 シールド スモークミラー ゴールド
SHOEI:CF-6 シールド スモークミラー ゴールド
  • 発売元: SHOEI








こちらのスモークミラーシールドは8000円くらいが実勢価格。 高いよな・・・。

しかしスモークは夜が恐い。 
夜にスモークで恐怖心を感じないのは、
歩行者と障害物が見えなくなって危険を察知できなくなるからだ。
あるいは、ニンジンの食いすぎ。もしくはブルーベリーかも。
純正スモークシールドもある程度の濃さになると、夜間使用禁止となっている。

よって、ライトスモークが良いと思う。 自動車のガラスよりもちょっと暗めの。

まぁ高くて買えないなら、作ればいいわけで。



まぁ見りゃ分かるよな。 車のウィンド用のスモークフィルムだ。東レのルミクール。
曲面は無理だろと思いがちだが、球面でなければ意外といける。


値段は、真っ黒だろうが、ミラーだろうがグラデーションだろうが500~1000円でいける。

飛び石で傷ついたら剥がせばいいし、傷も気にならない。 
1ロールで15,6枚くらい作れるんじゃないかな
オフロード用のゴーグルなら30枚はいける。

ライトスモークだから分かりにくいけど、結構綺麗に貼れる。
コツはこまめ霧吹きと、禅の心。 イライラしていると出来ない。マジで。
それと良く切れるカッター。 デザインナイフが良い。ドライヤーは極力使わない。


画像にすると微妙だけど、実物はかなり印象違うんだ。



メットの中から撮影。視界良好歪みなし。
 しかしこんなコテコテな絵になるとは・・・。


女子高生なみのキメ角度で。 

こういうシーズンインの準備が一番楽しいよな。 



TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.