忍者ブログ
. 右肩上がりです。
+最新コメント
[11/13 NEX-5]
[04/27 ケースケ]
[04/26 死神TOMMY]
[04/25 イトー]
[04/22 死神TOMMY]
+最新トラックバック
+プロフィール
HN:
いとう
性別:
男性
自己紹介:
すてきエンジニヤ(25♂)

好き:酒と女とバイクとロック
   あとジョージアの長いやつ

嫌い:もぐりの人。あと若者。


メールはお気軽に下記まで。
itooo_engineering@yahoo.co.jp


 
+ブログ内検索
+カウンター
+カウンター
+アクセス解析
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TOMY氏一人でも理解があるならば続けねばなるまい
Ayn氏の作品の発表を。




まずは代表作にして、私的には最高傑作と思われる作品から。





「キリンリン」  2010 デジタル彩色
解説:首が長いというキリン最大のアイデンティティを完全に打破。
  あなたの持つキリンのクオリアと比べてみて欲しい。はたしてどれほどの違和感がいるというのか。
  「お米の精」にアフリカのリビドーを感じる。


次は派生作品。

   
  「お米の精」  2010 デジタル、モノクロ
 解説:先生本人より「米の精であるからして、米ではない。よって双子葉であり球であり、飛ぶ」
との説明をいただいた。 私ごときが解説するまでも無いだろう。これこそポスト・クトゥルフの誕生である。





続いて、初期作品。珍しい肖像画。

「華氏と摂氏」  2009 鉛筆
言わずと知れた、温度単位の生みの親、ガブリエル=ファーレンハイトとアンデルス=セルシウスの肖像である。セルシウスのポージング、表情に注目して欲しい。 どちらが人口に膾炙した単位かおわかりだろう。
 余談であるが、不肖伊藤が昔借りていて乗っていたバイクの油温計が、
華氏表示であった。それに気付かず、情けない走りを披露することとなったのはいい思い出。


最後に比較的近年のものを


「あなたを食べます」   2011 デジタル彩色
解説:解説するの疲れた。 
PR
ブログにカテゴリ追加。

新カテゴリ「画伯」

懇意にしているイラストレータのAyn先生から作品をここで公開していいとの
許可を頂いたのでゆっくりと紹介していきたい。
100点以上あるし、これからも増え続けるから気長にやろうと思う。


まずは代表作から

「右シュラウドのシマリンゴ」 2010 油性ペン
解説:高速で飛来し、体液で敵を溶かす。



続いて貴重な原画。

「シマリンゴ」 2010 デジタル彩色
解説:まさか赤いとは思わなかった。左上のリンゴから出ているのが例の「体液」




続いて、典型的な作品。



 「ボタン」 2009 水性ペン
 解説:同心円が描かれているが、これによって伸縮自在らしい。
    望遠レンズのように。 なぜ、ボタンなのか、なぜ、汁が漏れているのか。

   
先生のテイストがわかってきたことと思う。


続いて、珍しく実在の生物をモチーフにした作品。

 「年賀状 2011」 2011 水性ペン
解説:もちと門松とうさぎ。年を越す。
   うさぎ=時間=四次元の解釈か。
   いやそれほど単純ではないだろう。

本日紹介する最後の作品。




 
「Utyu」 2010 デジタル彩色
解説:宇宙人の解釈らしい。
 目と口、四肢、頭、我々人間の持っているパーツだけで
 ここまでの異形を生み出した。 目、口の配置は生物的限界を表す。
 
 正直このファイルを受信したときは、すこし危険な香りがした。




これからも、先生の作品を世に広めて行きたいが、人気が無かったらやめる。
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.