忍者ブログ
. 右肩上がりです。
+最新コメント
[11/13 NEX-5]
[04/27 ケースケ]
[04/26 死神TOMMY]
[04/25 イトー]
[04/22 死神TOMMY]
+最新トラックバック
+プロフィール
HN:
いとう
性別:
男性
自己紹介:
すてきエンジニヤ(25♂)

好き:酒と女とバイクとロック
   あとジョージアの長いやつ

嫌い:もぐりの人。あと若者。


メールはお気軽に下記まで。
itooo_engineering@yahoo.co.jp


 
+ブログ内検索
+カウンター
+カウンター
+アクセス解析
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  31 32 30 29 28 27 25 24 23 22 21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はい新潟あたりまで行って帰ってきましたよっと。

夜中外にでるとスッキリするもんだね。

さてイライラが収まらない俺ですが、イライラムカムカと言えば初期衝動ということで
パンクロックレビュー第二段。
 

London Calling
London Calling
  • アーチスト: The Clash
  •     はい、パンク御三家の一。クラッシュ。

    別アルバムだけど日産X-TRAILの最初のCMソングで彼らの
    「I Fought the law」(実はカバー曲)がかかっているのでリフで気付く方も多いかと。
     これはあまり聴かないけどとりあえず持ってる1枚。
    全体に霧がかかったような音質の録音のせいで妙なすごみがある。むかしむかしの音なのでスピードやテクは求めない。
     パンクは姿勢だよ坊ちゃん嬢ちゃん。スタイルじゃぁない。
       ジョー・ストラマーのようなリーゼントが決まるようになったら聴きこみたい。
     「エルヴィスもビートルズもローリング・ストーンズもこの1977年にはいらない。」
                        だそうです。

     
  • Fresh Fruit for Rotting Vegetables
    Fresh Fruit for Rotting Vegetables
    • アーチスト: Dead Kennedys

     西海岸系パンクの走り、デッドケネディーズの1st.
    Voのジェロ・ビアフラは政治家でもある偉人さん。
     
     どの曲も聴いていると不安になると言うか暗い力が沸いてくるというか。とにかく黒い。こんな高いんだか低いんだかわからない声でねぇよ!なボーカルがイイ。
     ポル・ポト!ポル・ポト!と連呼する13曲目「ホリデイ in カンボジア」はやばいだろ。



    ゴーイング・ノーホエア・ファスト
    ゴーイング・ノーホエア・ファスト
    • アーチスト: サタニック・サーファーズ

       
    スケーター、サーファー御用達。スウェーデンからやって来た激速メロディアスバンド。 とにかく速い。マッハ3.2ぐらい?
     「もっと速くできるけどレコーディングで潰れちゃうからやらない」 だって。 ばかな!?
        お前らの舌と指はどうなっとるんだ?
     速いけどただの騒音に成り下がることなく、切なく力強いメロディーを聞かせてくれる。
    音と音とが流れるように交じり合う!  
                          爆音で浴びれ!
     

    Schminkie Minkie Pinkie
    Schminkie Minkie Pinkie
    • アーチスト: Snuff
    • レーベル: Fat Wreck Chords

     ポップでカワゆくちょっぴりセンチなスカコアバンド。 安心してお車デート中にかけられますよ。
    ときどき予想をいい意味で裏切るが・・・・・
     
     このミニアルバム、3曲目はなんと「medaka no gakko」 そう、あの童謡のカバーです。 グダグダな感じがたまらない。



    Kicked in the Teeth
    Kicked in the Teeth

    ZEKE。
    ジャケットで想像できる通りの激烈ハードコアバンド!
    20分で17曲を叩き込む!ほとんど曲と曲のつなぎ目がわからない! 20分間休まる暇なし。
        とにかくいい意味で汚い! 
    1曲目は「GOD OF GSX-R」だ!(ちなみに36秒間!!)変態スズキ乗りは愛車をオーディオの前に置いて聴け! 全裸で。 



 

Do or Die

 

 

Do or Die
  • アーチスト: Dropkick Murphys

 


アイリッシュ?パンクロックのニューカマー
ドロップキックマーフィー
 埃と機械油の匂いがしそうな音たち。
 特筆すべきは随所に使われる伝統楽器のバグパイプ、硬派で勢いのあるボーカルをプープカプ~と切ない感じで中和する。意外と合うものなのねー。
 個人的に「なんちゃらかんちゃら~」との付くバンド名が好き。 いいよDKM


Tiger Army III: Ghost Tigers Rise
Tiger Army III: Ghost Tigers Rise


サイコビリーなバンド、タイガーアーミー。

ジャケットにカタカナでなんか書いてありますがおもっくそ外人です。

透き通ったイイ声してるのでボーカルが前面に出て来てるけど、サイコビリーはベースのスラップ聴かせてなんぼっしょ。
どの曲も作りこみが丁寧。俺は5曲目「Ghostfire」を何度もリピートしてしまう。 あとこいつら全員髪型サイコカット。(サイドを刈上げたリーゼント)

   夕方や徹夜明けの朝にゴロワーズを吸いながら聴きたい1枚。 吸ったことないけど。


 

S.A. // SAMURAI ATTACK !
S.A. // SAMURAI ATTACK !
洋物ばかりなので日本のリアルパンクをば。

岐阜のS.A. (検索すると鈴○あみばかりでやがる)のベスト的な。
正統派のOiパンク(Oi!Oi!Oi!って合いの手が入るやつね。いやマジで。)

日本でもイイ音出せるのがゴロゴロいますでおま。おまて。

でもこのCD、ヨーロッパからの輸入もんだけどな!!

今日はココまで! 目標100枚。
よし、買い物行こ!
PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
□ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.